日本でもお馴染みのお祭りハロウィン

ケーキ屋さんにはかわいいオレンジのジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)の器に入ったかぼちゃプリンが並ぶ。

日本人にとってハロウィンは全く無縁のものだったけど、お化けかぼちゃのプリンはかわいらしくて美味しいし、子どもの向けのイベントでハロウィン・パーティが開かれたりして、オレンジの小さなお化けかぼちゃや黒猫、魔女は、この時期の日本にもしっかりと住み着いてしまった。

ハロウィン (Halloween) は、万聖節と呼ばれるカトリックの諸聖人の日の前夜祭のこと。

ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたとされるこのお祭りは、カボチャをくりぬいてジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)を作って蝋燭を燈したり、魔女やお化けに仮装した子どもたちが、「Trick or treat! 」(お菓子をくれないと、いたずらするぞ)」といいながら近所の家を1軒ずつ訪ねて、お菓子を貰い歩く。

かつて精霊や魔女から身を守る為に仮面を被ったり、魔除けの焚き火を焚いたり、霊を慰めるために家族の墓地に蝋燭を灯したりしたことに由来するものらしいのだけど、
くりぬいて顔を形とったオレンジ色のお化けカボチャは、悪い霊を怖がらせて追い払うためのものなんだって。

お化けたちが一年のうち一夜だけ、ホーンテッドマンションから抜け出して、人間の街で大騒ぎするっていうイメージに近いのかな?

日本でもお墓参りをして先祖を迎えるというお盆の習慣はあるけれど、最近はお盆休みにとばかり旅行にでかけて、ご先祖様のことを忘れてしまっている人も多いとすれば、ちょっぴり残念。

異文化を容易く受け入れる日本人のおおらかさは素敵だけれど、自分たちの文化を守り伝えるために行事を大切にすることも必要なことと思う。

とはいえ、Halloweenのオレンジ×ブラックの元気カラーに、私の心もワクワクしちゃいます。
[PR]
いつも人の多い横浜駅周辺。
人とぶつからないように気を遣って歩くから、ちょっと疲れる。

でも、モアーズに入った途端にちょっと空気が変わる。

すっきりとした爽やかなハーバルな香り。

エッセンシャルオイルの香りだと思うのだけど、少し疲れた仕事帰りに立ち寄っても、なんとなく心地よくてリラックスできる気がします。

みんなは気づいているのかしら。

お買い物してモアーズから出てくると、イライラ気分もなんだかすっきり。
足取りも軽くなる感じ。


そういえば、品川駅のエキュートのトイレもウッディでハーバルなミントのようなひんやりスーッとした香りがしていて、大勢の人が並んで使うトイレなのに抵抗感が少なかったかも。。
都内の駅の無料トイレで使ってもいいかな~と思うトイレはここくらい。

においは目にはみえないけれど、気持ちにとっても影響するってことなんだよね。
電車にもこういうサービスがあればいいなぁ。。

私たちはきれいに加工された人工的な空間を快適と思って暮らしているけれど、本当はもっとナチュラルな環境の中で暮らすことを身体は欲しているのかもしれない。

自然と共存すると、心がほぐれて元気になるものね。

自然な香りも心のごちそう。人の多い公共の場でも香りを上手に使えば、もっと楽しい空間になりそう。


*****関連web*****

横浜モアーズ(YOKOHAMA MORE'S)
http://yokohama-mores.jp/index.html

品川ecute
http://www.ecute.jp/shinagawa/
[PR]
人には見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れるという五感five senses(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)があります。その感覚のどれかひとつを突然使えなくなってしまったら・・・。

例えば、何気なく見えていたものがある日突然全くみえなくなってしまう、そんな体験をすることができるのが、ダイアログ・イン・ザ・ダーク Dialog in the dark。

完全に光が遮断された何も見えない真っ暗闇の中を、視覚障害者のサポートのもと、様々なシーンを体験するエンターテイメントです。

視覚のない世界に身を置き、他の様々な感覚を駆使することで、よりリアルに実感することができる。

それまで何の関わりもなかった人たちと協力し合って様々な体験をクリアしていくことで、普段は煩わしくさえ感じるコミュニケーションでさえ、新鮮に感じられるはず。



*****関連web*****

ダイアログ・イン・ザ・ダーク http://www.dialoginthedark.com/
[PR]

匂いの人類学 鼻は知っている

エイヴリー ギルバート / ランダムハウス講談社



エイヴリー・ギルバート著 勅使河原まゆみ訳
匂いの人類学 鼻は知っている
ランダムハウス講談社 (2009/7)

Avery Gilbert(エイヴリー・ギルバート)のWhat the Nose Knows: The Science of Scent in Everyday Lifeの翻訳版。

嗅覚のメカニズム、においの心理学研究、香りマーケットの現状・・・香り好きにはとても興味深く読めるはず。

においのある世界にどっぷりはまってみませんか?
[PR]
自然

木村秋則著 「リンゴが教えてくれたこと」定価850円(税別)
日本経済新聞出版社

d0146922_22452932.jpg

農業を仕事として自然と真摯に向き合う木村さんの研究熱心な姿勢と簡単に揺るぐことのない信念、木村さんを支える家族の懐の深さは、最近特に日常的にある安直な物の運び方に一石を投じてくれます。
物事の本当の姿は、苦労なくして解り得ないけれど、真剣に知ろうとするときっとわずかだけどみえてくるものがあって、そのわずかな部分を諦めずに丁寧に肌で理解していくことが大切。なのに、私たち多くの人は、たくさんある情報に翻弄されて、いつの間にか他力に頼り、感じて考えることを無意識に止めてしまっているようです。
自然の中で育つもののとして、人も例外ではありません。生きて行くため、育てるためには自分に都合よい方法ではなく、自然の成立ちと調和できる相手を理解しようとする方法がよいのだろうと思います。
近頃は科学者気取りの机上だけで議論する博士も目に付きます。彼らは雄弁だけれど、残念なことにフィールドワークや実学をバカにする人も少なくありません。
ひとりでも多くが、この実学の世界観を理解し、フィールドワークに興味を持ってくれたら、日本も世界もずっと良くなる、そんなことを思います。
[PR]
おいしいお茶と一緒においしいお菓子をいただくのは、ささやかな私の楽しみ。
城下町の仙台には、美味しいものがたくさんあるけれど、去年、仙台を訪れたときからマイブームになっているお菓子が喜久福。
新幹線の改札前にもお店があるので、気軽に買えます。
冷凍で販売されていて2-3時間で解凍されるので、新幹線の駅買って、お家に着く頃は丁度食べ頃に。
我が家に着いて、香りの良い味わい深いお気に入りのお茶を入れて、ひんやりした喜久福を一緒にいただくと、帰ってきたなぁというほっとした気分と仙台で出会った良い人や良い事を思い出して幸せな気持ちになります。

この喜久福、インターネットでも購入できます。

お茶屋さんらしい抹茶クリーム大福が私のお気に入り。でも、この地方ならではのずんだを使ったずんだ生クリーム大福も優しい味わいです。



お茶の井ヶ田・喜久水庵 のHP
http://www.ocha-igeta.co.jp/products/sweets.html
[PR]
# by kaoritatu | 2009-09-22 22:41 | 食楽
ガンのにおいを検知する犬がいる。
かすかなガンのにおいを嗅ぎ取ることで、ガンを早期に発見できれば、生命の危険を侵すリスクは減る。
この犬が検知するにおいを機械で検知する試みがなされている。

においは早期診断の材料にもなるし、このにおいの原因を探ることは病気のメカニズムを解明し、治療方法や新薬を開発することにもつながる。
そして、もうひとつ。。
何よりも患者さんとその家族の生活を支えることになる。

例えば、乳がんや皮膚がんの患者さんの中には、ものすごく体臭がきつくなる人がいるらしい。

がんが治るとそのにおいも自然になくなるらしいけれど、でも、もし治らなければ、ずっとにおいに悩まされ続けることになる。

ヘルパーさんや他の患者さん、家族からも、強くにおうことで鬱陶しく思われてしまうことがあるらしい。

人から離れて買い物にもいけずオシャレする楽しみもなく過ごさなければならない。

ただでさえ、大病を患って肉体的にも精神的にも大きな負担を抱えている人たちが、におうことで孤立してしまったら、病気に打ち勝つ強ささえも失ってしまうかもしれない。

患者さんもその家族も病気と闘いながら今を生きている。

病気特有のにおいは、きっと、私たちに新たな病気との向き合い方や治療法を提案してくれるはずに違いない。

健康で楽しい毎日をひとりでも多くの人が送ることができるように、もっともっと研究が進むことを願いたい。


***** 関連web *****

がん情報
090708 日経産業 乳がん患部、におい原因物質特定、東大と国立がんセンター、抑制薬の開発に道。
http://kokorohito.exblog.jp/11478747/
[PR]
仕事を続けるのもどうかというくらい、すっかり心身ともに弱ってしまった私を気遣い、森の中の温泉にいこうと相棒

ほら、みたいって言っていたでしょう、紫陽花。ここにもたくさん咲いているらしいよ。

大雄山の紫陽花はそんなに咲き揃ってはいなかったけど、深い杉木立と苔で覆われた森の中には蝶やとんぼが優雅にとんでいて、かわいい小鳥のさえずりもこだまする。
その中をゆっくり歩いていくと、いつの間にか汗びっしょり。しかも、天然の水蒸気をあびて、不思議と髪もサラサラ、短い時間なのに身体が元気になっていく気がする。
d0146922_23443639.jpg


このまま温泉にいくよ。

近くに温泉があってのんびりできるから、休憩できる部屋を予約しておいてくれたという。

ゆっくり入っておいで。

身体を洗い、汗を流して早速温泉に。
久しぶりに歩いたなぁ。。少し疲れた身体に温かな湯が染み込むと、身体の芯が冷えてこわばっていたことにふと気づいた。
気泡のたつ温泉は、硫黄分がイオン化されているからなんだとか。ほとんど匂わないのも同じ理由かららしい。

森の中の露天風呂は特に気持ちがいい。
熱めのお湯と温めのお湯のふたつがあって、ぬるめのお湯に入って居眠りするくらい長い時間ぼーっと過ごす。
森林浴をしながらの温泉浴。

食べられそうなものを食べられるだけとればいいからと相棒とバイキングに。
麦とろご飯少々にサラダとお味噌汁。
ご飯の後は、お部屋でゆっくりお昼寝。
休憩所もあるのに、人が多いと落ち着けないからと部屋を借りてくれたらしい。
そういえば、畳にゴロンと横になってお昼寝するのって暫くぶり。

お部屋にも露天風呂がついていて、こちらはひとりサイズ。

広くて静かなお部屋でのーんびり贅沢な時間を過ごす。
お家とは違う、森林浴をしながらの温泉。

元気になったよ、ありがとう。

そうそう、ここでは様々なプログラムが容易されているから、事前予約をしておくともっと楽しめそう。
次はもっと元気になって来ようね。

d0146922_23502033.jpg

[PR]
私の手作り&ナチュラルライフ

春先に一度咲いたクレマチスだけど、二回目の花が咲きました。

d0146922_0103149.jpg


雨にぬれてもキレイです。
[PR]
6月のイメージを素敵に撮ってみた!


今日はロックの日。でも、その前に相棒のお誕生日。大切な日なのに仕事が終わらなくて一緒に食事すらできなかった。ごめんね。

マイケル・J・フォックスやジョニー・デップ、蒸気機関車を発明したジョージ・スティーブンソンや赤とんぼを作った作曲家で指揮者の山田耕作、なんとドナルドダックも同じお誕生日!!(人じゃないけど)

フレンドリーでソフト。でも、少し神経質なところもあって、自分の理想を追求する、こだわりのある性格。

誕生花はスイートピー。その名の通り甘い芳香を放つ可憐な花。その芳香からジャコウレンリソウ(麝香連理草)、ジャコウエンドウ(麝香豌豆)ともいった和名もある。代表的なきれいなピンク色は相棒の好きな色。花言葉は、優しい思い出、永遠の喜び。特にピンクは繊細、優美。

お誕生日おめでとう!

スイートピーのお花も食事もおあずけになっちゃったけど、ずっと仲良くしようね。
たくさんいいことがありますように!

。。。ってことで、ピンクのパラで許してくれる?d0146922_6341641.jpg
[PR]
お気に入りのカフェ&ランチスポットは?

東京23区内はそんなに広くない。
目黒から代官山にかけての散策も休日ならではの楽しみ。

東京都庭園美術館は私のお気に入りの美術館のひとつ。
目黒駅からも近い美術館は、その展示も魅力的だけれど、洋館の佇まいとその名の通り庭園を楽しめる。
庭園には様々な植物が植えられているので、季節が変わるごとに花を楽しむことができる。
都心部にあって緑を楽しめるちょっと素敵な場所。
喧騒から離れてのんびりとできる、心地よい風を感じられる場所。

ゆっくりぐるっと一回りしたら、併設されている「カフェ茶洒」で一休み。
気持ちが豊かになるお散歩&ティータイム。


東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html
JR山手線、東急目黒線 目黒駅 (東口)より徒歩7分
都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線 白金台駅(1番出口)より徒歩6分
開館時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日: 毎月第2・第4水曜日(祝祭日の場合は開館し、翌日休館)

4/16(木)-7/5(日)の間、国立エルミタージュ美術館所蔵 エカテリーナ2世の四大ディナーセット
ヨーロッパ磁器に見る宮廷晩餐会 を開催中。
d0146922_12335765.jpg

[PR]
# by kaoritatu | 2009-06-05 06:02 | 食楽
お気に入りのカフェ&ランチスポットは?

焼酎ダイニングの二貴(にたか)。
新橋駅烏森口から徒歩4-5分の飲み屋さんが多い地域に位置するこのお店は、和の外観ではなく、ちょっとおしゃれな雰囲気。
揃えている焼酎の種類が豊富で飲む人にはもちろんうれしいけれど、梅酒など果実酒を使ってお酒の弱い人向けの飲み物も用意されている。
そして、ここはお酒だけでなく料理が美味しい。

柚子胡椒でいただく佐島産の真タコのカルパチョは、瑞々しいタコのうま味が爽やかな柚子胡椒のうま味のある辛さと重なりひきたつ。
新筍焼きは香ばしくホクホクで、筍ならではの風味が味わえる一品。
蟹クリームコロッケは、蟹の身がしっかり入った濃厚なホワイトソースとサクサクの衣がうれしい。
この蟹クリームコロッケはランチメニューにもなっている人気もの。

そして、おススメは鯛めし。
「季節料理 以志井(いしい)」の姉妹店ならでは、以志井の味が楽しめる。
土鍋で鯛の御頭とじっくり炊き上げる鯛めしは時間がかかる(50分程度)ので、先に注文して頃合いをみて炊いてもらう。
土鍋で炊き上がったばかりの鯛めしはほのかに生姜の香りもありなんとも風味がよい。
骨を丁寧にとって身をほぐして混ぜ合わせてから出してくれるので食べやすい。
食べきれない分はおにぎりにしてお持ち帰りにしてくれる。

品のよいお店のママさんと優しいバーテンさんのおふたりの細やかでさりげない心配りは、和やかな雰囲気を作り出して居心地をよくしてくれる。こういう接客を受けることは意外と少ない。
帰りがけに、金や銀に塗られている「鯛の鯛(タイのタイ)」をお土産にいただきく。鯛のエラの下のほうにある骨で(肩甲骨と烏口骨の部分)、「めでたい鯛の中でさらにめでたい形である」ことから、お守りとしてまたお金が貯まるとも云われる縁起物なのだとか。
お酒を飲むところでありながら、お酒の強くない女性が訪れても、心地よく美味しい食事と雰囲気を楽しめて、身体も心も満足のちょっといいお店。


-=-=-=-=-=- 参考web page -=-=-=-=-=-

新橋 二貴 しんばし にたか - 居酒屋、焼酎(内幸町) [食べログ]
[PR]
# by kaoritatu | 2009-06-03 07:52 | 食楽
お気に入りのカフェ&ランチスポットは?

d0146922_1319568.jpg


小田原の先、早川漁港の近くにあるイタリアレストラン「イル マーレ」。

ランチ、ディナーとも予約が必要ですが新鮮な魚介のイタリアンが食べれます。

ドライブで立ち寄るのもいいけど、たまには東海道を電車に揺られながら

行くのも楽しいかも001.gif

居心地のいい店内で目の前の海を味わい、おいしいワインもあります。






イル マーレ
[PR]
# by kaoritatu | 2009-06-02 10:00 | 食楽
お気に入りのカフェ&ランチスポットは?

湘南、逗子小坪にある定食の店「めしやっちゃん」

d0146922_23264574.jpg



天気の良い日は散歩が最高。

気楽に立ち寄れる地元の魚の定食などをリーズナブルに食べられる明るい店です。

逗子マリーナに隣接していて地元のひとやドライブで立ち寄るお客さんが昼時は賑わっています。

名物はその日の朝に湘南であがった「しらす」です。

どんぶりや刺身でおいしくいただけます。

だだし、不漁のときは食べられないことも・・・

HPで確認して出かけて。001.gif


鵠沼や七里ケ浜にくらべると落ち着いた町並みがかえって新鮮。

路地に小さな、楽しい発見があるかも。058.gif


「めしやっちゃん」http://www.mesiyacchan.com/top.html
[PR]
# by kaoritatu | 2009-05-30 21:37 | 食楽
カラダにいいこと、何かしてる?


城下町として知られる萩。だけど、今は石垣の城壁のみを残し、その城の姿はない。石垣は整然として美しく落ち着いた城下町らしい町並みから少し離れたところにひっそりと佇んでいる。

だけど、この萩では今も尚受け継がれているものがある。
萩の特産品といえば萩焼と夏みかん。
萩焼の素朴な風合いは使うほどに赤みに変化がさし、味わい深いものになる。
夏みかんも一昔前までは、暑い時期の酸っぱいみかんとして誰もが知る柑橘だった。

この萩の町に夏みかんが多くあるのは、明治維新後に職を失った武士達の経済救済のために植裁されたことによるものなのだそう。
土塀からのぞく夏みかんはこの町の象徴。
今でも夏みかんは花を咲かせ、実をつけている。

萩の町は歩くのもいいけれど、サイクリングしてまわると効率もよく気持ちいい。
夏みかんの白い小さな花が咲くこの時期。
そよ風とともに感じられる夏みかんの花の甘い香りは維新の香りにも感じられるに違いない。

今ではなかなかその姿を見ることさえできない昔懐かしい幻の柑橘。
激動の時代を駆け抜けた人々にとってもこの夏みかんの香りは心地よいものだったに違いない。



=~=~=~=~=~= 関連web =~=~=~=~=~=

香り風景100選 萩城下町夏みかんの花
http://www.env.go.jp/air/kaori/76hagimikan.htm
[PR]
カラダにいいこと、何かしてる?

カネボウ化粧品からちょっと気になるニュース。
太りにくい体質づくりに役立つ新しい「ダイエット素材」の開発に成功したという話。
「天国の種」エキス(マニゲット種子)に基礎代謝亢進効果を確認、だって。
マニゲットはアフリカの唐辛子。

私は唐辛子や生姜のスパイシーでホットな食べ物が大好き。
食べると身体の芯がポカポカしてきて、元気になります!

この「天国の種」エキス、辛いものが苦手な人には、「健康的で美しく」をサポートしてくれる良い味方になるかもデス。


=~=~=~=~=~=~= 関連web =~=~=~=~=~=~=

カネボウ化粧品ニュースリリース 「天国の種」エキスに基礎代謝亢進効果を確認 太りにくい体質づくりに役立つ新規「ダイエット素材」の開発に成功 2009/05/14
http://www/kanebo-cosmetics.co.jp/company/newsrelease/pdf/20090514-01/pdf
[PR]
カラダにいいこと、何かしてる?

お散歩は気持ちいいから、身体にいいこと。

ローズガーデンでみつけた Love and Peace 



d0146922_5451498.jpg

『Love(ラプ)』の花びらの色は、表が赤で裏が白



d0146922_5384330.jpg

『Peace(ピース)』の花びらの色は、淡いクリームイエローにピンクの覆輪。



コントラストがきれい。

愛と平和は私たちが持っているかけがえのない財産。

お散歩でみつけた小さな感動と幸せ。
[PR]
カラダにいいこと、何かしてる?

免疫力を高めるっ!

未病という言葉があるけれど、健康に暮らしていくためには、免疫力を高めることを意識することも大切。

騒動の中心となっているインフルエンザ。季節性だろうが新型だろうが侮れない病気であることには変わりないはずだから、どうしても気になってしまう。

騒ぐつもりはないけど、普通の生活をしていたら必ず誰か他人と関わる。ウイルスや菌の感染を防ぐことは難しい。

完全に防御するのは難しいとなると、ウィルスが侵入してきても負けない身体を作らなくちゃ。

実際にどのようなことを心がけているかといえば、たいしたことはない基本的な4つのこと。



《1.ストレスを溜めない》

忙しい毎日でストレスを溜めないって難しい。性格にもよるし。けど、くよくよしない。
私はくよくよしちゃう性格だけど、恥ずかしいこと、悲しいこと、みんな溜めない工夫をしましょ。

楽しくなくてもとりあえず笑顔を作ってみる。
なんとなく居心地のいい人と会話してみる。

作り笑いだけでも心にはちゃんと効果があるらしい。

つらいときこそ笑顔!って本当なんだな。


《2.しっかり睡眠をとる》

時間そのものよりも質の良い睡眠をとること。
ただたくさん寝ればいいってわけでもないし、もちろん睡眠不足(なりがちだけど)もよくない。だいたい決まった時間に寝て起きることで、一日の身体のリズムを安定させる。


《3.食事はバランスよく3度しっかり食べる》

特に朝、昼ごはんはしっかり、夜は軽めが理想。
寝る前2時間前までに食べ終わっていると良いとか。

摂取量と栄養バランスを考えて、っていうけど少しわかりにくい。
夕食などはお肉やお魚は自分の手で作るこぶし一個分くらいの量(重さじゃなくて見た目)が一回の食事の目安。
野菜はその倍のこぶし二個分くらいの見た目量でだいたいOKって考えて。
お弁当ならお弁当箱の1/2がご飯。残りの1/2がおかず。果物も上手にとりたいですね。


《4.軽く身体を動かす》

身体を動かした後の疲れは心地よい。ご飯もススムし、よく眠れる。

意外と心が解放されて軽くなったりする。。

時間のないときや面倒なときは、とりあえず2,3分の軽いストレッチやスクワット。
お出かけの時には少し早歩きする。
きれいな姿勢で過ごしてみる。

筋力アップで代謝を高めて、美ボディも手に入れられたらステキ。。
[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!

日本のプリンセスの名を持つバラたちもそれぞれ異なる色どりで美しい。


『プリンセス・ミチコ』は深いオレンジ色の中輪のフロリバンダで四季咲性。

香りはほのか。丸みを帯びた花弁が特徴で数輪の花が房咲きとなるモダンローズ。

1966年当時皇太子妃だった美智子さまに献呈されたというこのバラは、明朗で知的、小柄にして大きな包容力のある魅力溢れるお人柄をそのまま映したよう。

明るい陽射しに映え、曇り空にしっとりと寄り添う、そんな雰囲気のあるステキなバラ。

d0146922_242875.jpg



皇后さまに即位されてからの美智子さまに献呈されたのは『エンプレス ミチコ』

こちらはハイブリットティーで四季咲の大輪。

クリームにピンク色が溶け合う感じがステキ。

上品で優しさに満ちた美智子さまのイメージ。


どちらもイギリスのディクソン社の作出。


=~=~=~= News =~=~=~=

美智子さまゆかりのバラ「プリンセスミチコ」が見ごろに-旧正田邸跡地で - 品川経済新聞
(2009年05月12日)
http://shinagawa.keizai.biz/headline/586/
[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!


d0146922_23405429.jpg

六会日大前駅(小田急江の島線)にある日本大学生物資源科学部の付属農園に行って来ました。

このローズガーデンにはたくさんのバラが盛期をむかえています。

それぞれが、かたちや色、香りがあって時間を忘れて楽しく見れました。

中でも「プリンセスオブウェールズ・ダイアナ」

ピンクと白のコントラスト、花弁のクリーム色が柔らかさをいっそう引き立てダイアナ妃をイメージさせます。

香りも軽やかでスッキリと匂います。

ただ、心なしか悲しげ・・・にかんじるのは自分だけだろうか。

収益の25%を英国の慈善団体に寄付するという。

ダイアナ妃の遺志を受け継ぐ素敵な花でした。




d0146922_0141497.jpg

[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!

足柄にある日帰り温泉「おんりーゆー」に行ってきました。

東名にのって御殿場方面へ 大井松田インターから大雄山 最乗寺を目指します。

d0146922_17114655.jpg
仁王門を過ぎて右折、その先に「おんりーゆー」はあります。

森の中にとけこむように建っていて、自然と一体感になれる空間が心地良い。

ぬる湯につかって森林浴もできます。

レストラン・休憩処もあって、のんびりするのがおすすめ。




d0146922_1711044.jpg時間があれば大雄山最乗寺もどうぞ001.gif

6月になると紫陽花が咲きだします。
[PR]
自然
d0146922_22481875.jpg


降りそうだなぁ。。って、空気の匂いがふと変わったことを感じて思うときがある。
見上げた空の色が今にも泣きそうな色をしていても、雨は降らないこともある。
だけど匂いを感じたときは間違いなく暫くすると雨が降り始めるのは、きっと湿度が変化して匂いを感じやすくなっているから。

例えば、アリストテレスは「雨の匂い」を「虹の匂い」と言ったそうで、これは雨降りの後の匂い。
なかなかステキな表現だけれど、この雨の降ったあとの匂いの素には、土の中のバクテリアなどから作られるジオスミンというカビ臭が関与しているのだとか。。。
「虹の匂い」=「カビ臭」って聞くと、知らないほうが良かったような気がするなぁ。。

もうひとつ雨の匂いとして知られるにおい物質は、雨が降る前の匂いの素といわれる植物由来のペトリコールという物質。でも、これは湿度が高くなると土壌に染み出していた植物由来の油と鉄分が反応して生じるもののようで、雨の少ない地域で感じられるのだとか。

私が雨の降る前に強く感じるのは、アスファルトの道路を歩いているときの埃っぽい匂いとか、草木の多い場所でのわずかに甘いようで蒸せるような匂い。確かに土の匂いもカビっぽい匂いも感じやすくなる気がします。
多湿になることで鼻が敏感になるのかはわからないけれど、匂いは嗅ぎやすくなっているみたい。

そういえば、匂いに敏感な犬の鼻はいつも濡れている? って、それは意味も原理も違うのかもしれないけれど、まあ、私の鼻は雨の日にはなんとなく呼吸も楽になるような気がするから、いろいろな匂いをキャッチしやすくなっていることは間違いなさそうだけどね。



【参考】
Gary Lockhart 著/グループW 訳 お天気となかよくなれる本―世界気象博物誌 丸善(1992)
[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!


美しいバラの季節。

公園には様々なバラが咲いていて、多くの人が魅了されている。

バラの品種は多い。色、形、芳香も多様。

個性豊かなバラ。

中でも黒バラはバラの育種家にとっても特別な存在。

フランスの有名な育種家メイアンにとってもそれは憧れの対象だった。
d0146922_2019652.jpg

メイアンの黒バラへの熱い想いは、やがて黒紅色の大輪を咲かせた。

この黒紅色の大輪は、亡き父を偲ぶメイアンの想いを込めてパパメイアンと名づけられた。

どの花も個性豊かでそれぞれの美しさを放っているバラ。

人を惹きつけて止まない魅力は、育種家の特別な想いとその造詣の深さ、弛まぬ努力にあるのかもしれない。


papa meilland・1963・仏 Meilland 半直立の樹形、花径15cm35弁の剣弁高芯咲き。濃黒赤の花色と深い香りが特徴。シャルルマルランが花粉親。/Hybrid Tea
[PR]
d0146922_1811596.jpgGWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!


小さな子どもでもないのに、思わずかわいくて買ってしまった動物パン。

GWの連休中にふと入ったDONQで買ってしまった菓子パンたち。

d0146922_1810658.jpg


カニはクリームパン、カメはメロンパン、サルの顔とネコの手は表面しっとりでクリーム入りでした。
d0146922_18103591.jpg


最近、パンを焼いていない。
たまにはこんなお菓子みたいなパン作りも楽しいだろうな。


d0146922_1892566.jpgお店情報
DONQ[ドンク] http://www.donq.co.jp/
[PR]
# by kaoritatu | 2009-05-10 18:13 | 食楽
日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す。
そんな母の日は世界中にあるらしい。

イギリスでは17世紀の頃、奉公している子ども達が、奉公先から年に一度、母親と面会出来る日を「Mother's day」「Mothering Sunday」として与えられたことが、今の母の日へと通じているらしいし、
アメリカでは、南北戦争中に「母の仕事の日」(Mother's Work Days)として、敵味方問わず負傷兵の看護のために地域の女性と尽力したアン・ジャービスの死後、娘のアンナがこの亡き母親アンを偲び、白いカーネーションを贈ったことが母の日の始まりだそう。

アンナの母への想いに共感した人々によって広まっていった「母の日」。
カーネーションも母の日のシンボルとなった。
d0146922_1823395.jpg
十字架に架けられたキリストに聖母マリアが涙した後に咲いた花だといわれているカーネーション。

古代ギリシャでは、主神ゼウスに花冠を捧げる習慣があり、カーネーションは花冠を作るのに欠かせない花だったと言い伝えられている。

花には艶かしいような生々しいような、それでいて気品を感じさせる香りがある。

カーネーションはそんな血肉をわけるほどの強く深く神聖な愛を示す花なんだなぁと改めて思う。


ちなみに日本では、昭和初期に香淳皇后のお誕生日の3月6日(地久節)を「母の日」としたことがあったけれど、第二次世界大戦後、アメリカに倣って5月の第2日曜日を母の日としたのだとか。

この日本でも、お母さんに贈る花としてすっかり定番となったカーネーション。

母が残してくれた私はきっとかけがえのないもの。
自分が生まれてきたそのことこそが愛おしいことなのかもしれない。
今、そばにいてもいなくても、母の子への愛情は深く、子の母への思いは尊い。
[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!


d0146922_2345371.jpg


近所の公園で何気ない”原っぱ”を切りとりました。

さりげなく咲くタンポポの黄色がきれいでした。
[PR]
GWで撮ったお気に入りの一枚&5月の一枚!


海の見える丘の公園には、黄色やオレンジの花でいっぱい。

d0146922_2322432.jpg


のどかな春の風景。

d0146922_23233411.jpg







いつかはこんな場所で暮らしたいなと思う。
[PR]
2009、私のGW&お出かけスポット!

今日でGWも、もう終わり。

きっと皆さんは楽しい連休だったんでしょうね・・・?

仕事で疲れた時についつい寄ってしまう花屋があります。

ご主人と世間話をしながら、花を眺め良い香りの中にいるとなぜか側に置いて眺めたくなるんだなぁ〜

056.gifラベンダーとクレマチスを買って帰りました。

車の中のラベンダーの香りが心地良い001.gif


d0146922_23272498.jpg

夜は部屋の中で楽しんで次の休みの日に庭に寄植えをしようと思います。


d0146922_23311314.jpg
[PR]
2009、私のGW&お出かけスポット!

今日でゴールデンウィークも休暇も終わりという人も多いはず。

ゴールデンウィーク終盤の昨日、子どもの日からこの辺りは雨。ずっと晴れていたから少しホッとする雨だったりもするけど、今日は肌寒いですよね。

昨日は久しぶりにふたり揃ってのお休みだったので玉川高島屋S・Cまでお出かけ。
ここなら雨でも大丈夫。お買い物もお食事も手軽に楽しめます。

混んでるだろうと午前中にでかけたのに、案の定、なかなかパーキングには入れず。
だけど、こんな渋滞のときにも「やっぱり休日はだめだね~」っていいながら、平静な顔して運転している相棒。
きっとイライラしているんだろうな~。
せっかくの休日でのんびりしたいのに、私につきあってくれてるんだろうな~。
隣にいるだけの私のほうがイライラしてきて、お菓子をもぐもぐつまんだりしてるのに、相棒はほとんどそういうことを表に出さないエライ人です。。。ありがとう。  

さて、私たちは、ルドゥーテ生誕250年記念 「王妃の愛した薔薇 宮廷画家ルドゥーテの世界」を楽しんできました。

この展示では、宮廷画家ルドゥーテによる「バラ図譜」を中心にボタニカルアートと呼ばれる手彩色の銅版画約100点を鑑賞することができます。その中に日本初公開という皮に描かれた肉筆画3点もありました。

ルドゥーテは王妃マリー・アントワネットやナポレオン妃ジョゼフィーヌに仕えた宮廷画家で、写真技術のない当時にステキな花や珍しい花の様子をいつまでも残しておきたいという想いから作品を制作したそうです。

緻密な作品が一斉に並ぶとまさしく花の図鑑。
でも、一枚一枚の作品は繊細で優雅で美しく、それだけでもボタニカルアートの魅力が楽しめました。
ところどころに薔薇の香りのするコーナーがあって、モダンローズ、クラシックローズ、ブルー系などの香りの違いを楽しむことができました。私としてはこの香りの体験が高貴な絵画に新鮮さを与えていたように思います。

バラは女性ファンが多いけれど、会場には男性の姿もありました。皆さん、とても熱心に観ていらっしゃいましたよ~。

昨日はデビッド・オースチン・ローゼス社 ルーク・スティムソンさんのトークショーでは、イングリッシュローズの魅力について勉強することができました。

d0146922_064958.jpg

ローズは比較的誰もが簡単に花を咲かせることのできる植物だけれど、愛情を注ぎ手をかけただけすばらしい花を咲かせてくれるのも楽しみとお話していらっしゃいました。

たくさんある品種から栽培するものを選ぶときのポイントとしては、咲かせる花の形だけではなく、品種の背丈などの特徴を考えて、環境に適したものを選びましょうということでした。

確かに宮廷ほどの大きなお庭なら様々な楽しみ方ができるけれど、そうではないお庭やバルコニーではちょっとした工夫も必要ですよね。

玉川高島屋ではローズガーデンもあるので、立ち寄ってみるといいかもしれません。

d0146922_071633.jpg

「王妃の愛した薔薇 宮廷画家ルドゥーテの世界」は5月10日(日)まで開催されています。

ルドゥーテ生誕250年記念 「王妃の愛した薔薇 宮廷画家ルドゥーテの世界」 : 玉川高島屋S・C
http://www.tamagawa-sc.com/latest/news_090417.html
開催日: 2009年4月25日(土)~5月10日(日)
場 所: 玉川高島屋S・C西館1Fアレーナホール
開催時間: 10:00~21:00(最終日は18:00まで)
入場料: 一般・大学生・高校生600円/中学生300円/小学生以下無料
※玉川高島屋S・Cカード会員は2名まで無料
[PR]
恋愛

最近相棒とすれ違っている。

GWも仕事をしていた相棒の忙しさを思うと、私は彼に心配させない程度に私なりに時間を楽しめばいいと思ってそうしてきた。
でも、時々、放置(放棄?)されているような気がしてきて、やるせない気持ちになる。

忙しいのは今始まったことではなくて、ずっと前からそうだった。
だから、私が突然こんなことをいい出すのはとってもおかしなことかもしれない。
きっと相棒には意味不明、困惑することになるんだろうな。

四六時中一緒にいるのは面倒っていうご夫婦もいるけれど、私はできればもう少し一緒の時間がほしい。
どんなに愛情があっても、離れているとわからないことは多いから。
そばにいて同じ空気を吸う。同じものを食べて、同じ時間を過ごす。
相棒の温もりや心地よい匂いが感じられるから安心していられるんだなって思ったらすごく切なくなった。
お互いの時間も大切だけれど、一緒にいる時間も大切なんだって改めてわかった。


心が通じなくて、些細なことから違和感が生まれて、相棒とすれ違うことが多くなった。
共有できるものが少なくなったのかな。


明日は本当に久しぶりの相棒と一緒の休日。

疲れていたらどこへもお出かけしなくていいよ。何もしなくても文句いわない。
そのかわり、少しだけそばに居させてもらおう。

ふたりの絆が今まで以上に深められるように。。
[PR]